読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AirMac の接続で速度が出なかったのは電波干渉のせいだった

Mac

Macbook Air を買って Mac mini からの引っ越しをしているが、無線LANの速度があまりに遅い。
使っているのは 802.11g で以前から dynabook で接続しているが特に重い感じはなかった。
しかし今回、イーモバイルより遅いので、さすがにおかしいと思い色々と設定を調べてみた。
結果として変えたのは、アクセスポイント側の設定だった。同じチャンネルを使っている人が近くにいたのだろう。チャンネルを変えたら速くなった。ちなみに AP は Planex の BLW-54CW である。
ということは、東芝 dynabook の内蔵無線LANハードは電波干渉に強いのかもしれない。
あと、Mac mini には「電波干渉の制御を使用」という項目があるのだが、Macbook Air にはなかった(OS の違いかデバイスの違いかはわからない)。