読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルなデーモンプログラムの制御スクリプト

Linuxなどで動かすデーモンプログラムを起動(start)・停止(stop)・再起動(restart)・状態確認(status)するための制御スクリプトを書いたのでメモしておく。

実装のポイント
  • 一般的なプロセスIDファイルによるプロセス確認をしている。
  • 停止時に3秒おきにシグナル0を送り、プロセスが終了するまで見届ける。
  • statusでプロセスIDファイルだけ残ってプロセスが無いときはクラッシュの可能性が示す。
スクリプト
#!/bin/bash

prgfile=<Program Script filepath>
pidfile=<PID filepath>

start() {
    if [ -f $pidfile ]; then
        pid=`cat $pidfile`
        kill -0 $pid >& /dev/null
        if [ $? -eq 0 ]; then
            echo "Daemon has started."
            return 1
        fi
    fi

    $prgfile

    if [ $? -eq 0 ]; then
        echo "Daemon started." 
        return 0
    else
        echo "Failed to start daemon."
        return 1
    fi
}

stop() {
    if [ ! -f $pidfile ]; then
        echo "Daemon not started."
        return 1
    fi

    pid=`cat $pidfile`
    kill $pid >& /dev/null
    if [ $? -ne 0 ]; then
        echo "Operation not permitted."
        return 1
    fi

    echo -n "Stopping daemon..."
    while true
    do
        kill -0 $pid >& /dev/null
        if [ $? -ne 0 ]; then
            break
        fi

        sleep 3
        echo -n "."
    done

    echo -e "\nDaemon stopped."
    return 0
}

status() {
    if [ -f $pidfile ]; then
        pid=`cat $pidfile`
        kill -0 $pid >& /dev/null
        if [ $? -eq 0 ]; then
            echo "Daemon running. (PID: ${pid})"
            return 0
        else
            echo "Daemon might crash. (PID: ${pid} file remains)"
            return 1
        fi
    else
        echo "Daemon not started."
        return 0
    fi
}

restart() {
    stop
    if [ $? -ne 0 ]; then
        return 1
    fi

    sleep 2

    start
    return $?
}

case "$1" in
    start | stop | status | restart)
        $1
        ;;
    *)
        echo "Usage: $0 {start|stop|status|restart}"
        exit 2
esac

exit $?
  • 実行プログラムのファイルパス
  • プロセスIDファイルのパス

停止部分は実行プログラムの性質によって適宜変更すると良い。

Gistにも載せておいた。 https://gist.github.com/tilfin/5004848