読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

node.js と npm を Ubuntu にセットアップ

Ubuntu nodejs

Ubuntu を 11.04 に上げたが、apt-get で入る node.js が 0.2.x だったので、ソースからコンパイルしてインストールすることにした。
当初 github からチェックアウトして 0.5.x で試していたが、最終的に express が未対応だったので、安定板をダウンロードして入れることにした。
さらに node.js のパッケージ管理ツール npm もインストールする。

node.js インストール

node.js をインストール。

必要パッケージの準備

コンパイル、ビルド、依存ライブラリのインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install gcc
$ sudo apt-get install libssl-dev
$ sudo apt-get install build-essential

opensslをコンパイル時に参照できるようにパッケージを設定

$ sudo pkg-config openssl --cflags --libs -lssl -lcrypto

最近のバージョンでは

$ sudo apt-get install libcurl4-openssl-dev

を行うとよいようだ(2012/3/30 追記)。

ダウンロードからビルド・インストール

http://nodejs.org/#download から安定板の 0.4.12 を落としてビルドインストール。

$ wget http://nodejs.org/dist/node-v0.4.12.tar.gz
$ tar zxvf node-v0.4.12.tar.gz
$ cd node-v0.4.12
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

npm インストール

npm をインストール。

必要パッケージの準備

wgetでも代用できるが公式に倣って、curlのインストール

$ sudo apt-get install curl
npm インストール

基本的には npm はローカルユーザーごとに使うことを推奨しているようだが、rootでインストールする。

$ curl http://npmjs.org/install.sh | sudo sh

インストール状態を確認

$ which node
/usr/local/bin/node
$ node -v
v0.4.12
$ which npm
/usr/local/bin/npm
$ npm -v
1.0.30