読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホスト名の規則

ホスト名の最後にハイフンがある。Windows では問題ないのだが、DNS からすると問題がある。
混在したネットワークではWindows で設定できたからといってOKとはなりません。

RFC1035 - 2.3.1. Preferred name syntax より

<label> ::= <letter> [ [ <ldh-str> ] <let-dig> ]

<ldh-str> ::= <let-dig-hyp> | <let-dig-hyp> <ldh-str>

<let-dig-hyp> ::= <let-dig> | "-"

<let-dig> ::= <letter> | <digit>

<letter> ::= any one of the 52 alphabetic characters A through Z in
             upper case and a through z in lower case

<digit> ::= any one of the ten digits 0 through 9

Note that while upper and lower case letters are allowed in domain
names, no significance is attached to the case.  That is, two names with
the same spelling but different case are to be treated as if identical.

The labels must follow the rules for ARPANET host names.  They must
start with a letter, end with a letter or digit, and have as interior
characters only letters, digits, and hyphen.  There are also some
restrictions on the length.  Labels must be 63 characters or less.

ドメインを構成するラベルの定義は、最後の文字はアルファベットか数字となっている。

Windows 2000 の有効な TCP/IP のホスト名について (RFC 952)

使える文字しか制限していない。